当サイトに関するお問い合わせはこちら
大阪・キタで働く有名キャバ嬢【2019年最新版】

大阪のキャバ嬢は"進撃のノア"だけじゃない!
大注目のキャストをPick up!

記事を読む

お酒が苦手!キャバクラってお酒って飲めないとキャバ嬢になれない?

お酒が飲めるキャバ嬢の方がいいけど・・・

キャバクラデビューしたい方の中には、あんまりお酒が強くない、成人してるけどお酒が一滴も飲めない・・・と尻込みしている方もいるかもしれません。

確かに、キャバ嬢はお酒を飲む仕事でもあって、お客様の中にはキャバ嬢を酔わせたい、自分1人酔っ払うのはなんか虚しい、と感じている方もいます!

お酒は強ければ強いほどキャバクラでは有利であることは事実ではあるんやけど、飲めないと人気が出ない・稼げないっていうのも違う。

お酒が飲めなければ、それをカバーするだけの努力と工夫をすれば、一滴も飲めなくてもキャバクラで働いていくことも実際可能な世界でもあるんです!

元カリスマキャバ嬢『愛沢えみり』もお酒は飲めない

実際、元カリスマキャバ嬢の愛沢えみりさんも、実はお酒は強くなくて、ほとんど飲めなかったそうやねん。

そのことから過去には無理にシャンパンを飲んで倒れて、救急搬送されてしまったことも・・・!
にも関わらず愛沢えみりさんには高級シャンパンを一晩で何本も開けてもらい、その売上は一晩で何千万円にも上っていました。

その理由は、接客の目的を「高額ボトルを開けてもらう」ではなく、「お客様に楽しんでもらうこと」と掲げていたから。

お酒を飲んでもらうことではなくお客様にまた来たい、また会いたいと思わせるような空気を作り出すことで、たくさん通ってもらえるように接客を工夫していたそうなんです。

そのことから、お客様の方から「何か入れる?」と聞いてもらえたりと、お客様が自発的にお酒を開けたいと思わせることができたんだそうです!

お酒を飲めないキャバ嬢のデメリット

お酒が飲めなくても接客に工夫をすれば十分に稼ぐことができるもの。

とは言え、冒頭でも言った通り、お酒が飲めることはそれだけでキャバクラでは有利に働くことが多いのもまた事実!

お酒が飲めないことには、キャバクラではいろんなデメリットを被ってしまうことになるんですよね・・・。

キャバクラの面接で落とされるリスクがある

まずそもそも、キャバクラの面接では「お酒はどれくらい飲める?」と聞かれることが多いんです!

愛沢えみりさんほど美人で接客上手であれば「全く飲めない」と答えたとしても十分売上は取れると考えて採用してくれるでしょう。

けれど、並みのルックス、キャバクラでの接客経験も無しとなるとお店側も「お酒は飲めてナンボ」やと思っているから落とされる可能性も・・・。

もしお酒が飲めない場合は求人に「ソフトドリンク可」「飲めなくてもOK」と書かれている求人や、実際にお酒が飲めないキャストが在籍しているキャバクラを選ぶのがおすすめ!

お酒が飲めないキャストが在籍しているかどうかは、そのお店のキャストのSNSやブログをチェックすると見つかりやすいよ。

抜きものなど高額のお酒が頼めない

「抜きもの」っていうのは「栓を抜いて飲むお酒」のことで、ワインやシャンパンなどの高額ボトルを指すことが多いな。

こうしたボトルはその場で一本飲みきるのが当たり前なんやけど、いくらお酒が好きな方でも、一人で一本飲みきるのはなかなか大変。

そのことから抜きものをオーダーするときは大抵キャバ嬢とお客様とで一緒に飲みきるっていうのが当たり前になってるねん。
けど、お酒が飲めなければそれができへんやんな。

やから、お客様もたとえそのキャバ嬢にやったら抜きものを下ろしても良いと思っても、飲みきれないから勿体無いっていう理由で頼むことができず・・・。

そうなるといつまでたっても売上が上がらないから、接客で不利になってしまうんよね。

お酒を飲めないことに不満を持たれる

お客様の中には、キャバクラに来店する上でキャバ嬢を酔わせたい、キャバ嬢と一緒にお酒を飲みたいと思って来店する方も珍しくない。

その中でお酒が飲めないからと断ると、ノリが悪いと思われたり、仕事ができないキャバ嬢やっていうレッテルを貼られる可能性も・・・。

お客様の中には「お酒が飲めない体質の人もいる」っていうことが理解できない方もいるし。

やからこそ、キャバクラでお酒が飲めないのであれば、他のキャスト以上に接客に力を入れることが必要不可欠になってくる!

接客上手になることでお酒が飲めないことをカバーすれば、お店もお客様も、お酒が飲めないことで文句を言うことはないよ。

お店と連携プレーする事が大切

結局のところ、お酒が飲めないキャバ嬢は何が大事なのかと言うと、飲めないことをカバーする自分の努力はもちろん、お店との連携プレー。

お酒が飲めなくても咎められないお店や、フェイクのお酒(ノンアルコール)を用意してくれるお店もあるから、最初からそうしたお店を選ぶとお酒が飲めないのをさらにカバーしやすいやんな。

やから「お酒が飲めなくてもキャバクラで働きたい!」っていう方は、最初のお店選びはさらに慎重に考えてみて!

お酒が飲めなくてもOKなキャバクラの求人を探すならキャバクラ求人に特化したサイトで探すのが一番確実!
関西にあるキャバクラの求人情報サイト」を読んでみてね。

トップへ戻る