当サイトに関するお問い合わせはこちら
大阪・キタで働く有名キャバ嬢【2019年最新版】

大阪のキャバ嬢は"進撃のノア"だけじゃない!
大注目のキャストをPick up!

記事を読む

キャバ嬢が“ドリンク”を上手におねだりするタイミングと方法

キャバ嬢にとってドリンクを入れることは重要

新人キャバ嬢が売上を取るために、まず重要になってくるのがドリンク。

ドリンクはお客様がキャバ嬢のために奢るお酒のことで、1杯あたりのバックは数百円ほどとそこまで多くはないものの、チリも積もれば山となる!

しっかりお給料に反映されるし、まず自分の人気を得る上で、お客様からドリンクを奢られるようなキャバ嬢になることはすごく重要なことでもあるんです!

じゃあ、ドリンクを奢ってもらうためのタイミングやおねだりの仕方は?

今回は、新人キャバ嬢が売上を出す上でまず押さえたいドリンクのおねだり方法について解説します!

全てのお客様がドリンクを勧めてくれるわけでは無い

お客様の中には、話がある程度盛り上がって、自分に対して良い印象を抱いてくれたら「何か飲む?」とドリンクを勧めてくれる方もいます。
ただ、全てのお客様がそうとは限らない!

お客様がドリンク大を支払うことになるので、自分からおねだりしないことにはドリンクを奢ってもらえないというパターンも数多くあるんよね・・・。

やから、そうしたお客様に当たった場合は自分からおねだりしにいく!

そこでがめついと思われないようにするための工夫をすることが大事なんやけど、そのために気をつけるべきはおねだりのタイミングと言い方やねん。

ドリンクをおねだりするタイミング

席に着いていきなり「私もドリンク欲しい!」と要求するのはNG。

お金のことしか考えてないと思われるし、お客様もよく知らないキャバ嬢にお金を払おうという気持ちは起きへんし…。

じゃあドリンクをおねだりする絶好のタイミングはいつなのか、それを押さえておくことがおねだりを成功する上で大事になってきます!

お客様が快くドリンクを奢ってくれる、絶好のタイミングについて4つご紹介します!

お客様のドリンクを作った時

まずはお客様のドリンクを作ったタイミング。
言ってしまえば最初やな(笑)

誰かとお酒を飲むときって、大抵最初に乾杯するやんな。
けど、キャバ嬢はセット料金に含まれているお客様は飲み放題の水割りは飲んだらあかんルールになってる。

やから、必然的にお客様と乾杯するためにはドリンクを奢ってもらうことが必要になってくるねん。

やから、「お客様と乾杯したいな~」「私も何か飲みたいな~」と、お客様と一緒にお酒が飲めるように言うのは、まさに絶好のタイミング!

よっぽどケチなお客様じゃなければ、ドリンクをOKしてくれるよ(笑)

ドリンクを奢ってもらったら笑顔でお礼を言って、おねだり通りお客様と乾杯して美味しそうに飲みましょう!

お客様と打ち解けてきた時

ドリンクはお金が掛かるから、ある程度印象の良いキャバ嬢にしかドリンクは奢らないって言うお客様もいるんよね。

その場合は、ある程度お客様と会話が打ち解けてきたタイミングでおねだりをする!

会話が弾んで、お客様と仲良くなったタイミングで「もう一杯飲みましょう~」と言ってお客様のお酒を注ぎつつ「次は私も乾杯したい!」とおねだり!

お客様はキャバクラでの会話を楽しみに来店してることが多いから、この盛り上がったタイミングではドリンクを断りづらいと感じる方が多いんです!

だからこそ、盛り上がっているときはドリンクのおねだりの大チャンス・・・!
すかさずドリンクのおねだりをしちゃいましょう!

キャバクラでのイベント時

クリスマスやバレンタインなどなど、イベント期間中は特に集客しやすい大チャンス。

新人の時にこのイベント期間が入ったら、そのときはドリンクのおねだりや自分のお客様を増やす大チャンスやから、そのタイミングを逃さないようにするのも鉄則!

ベテランや売れっ子ならこのタイミングで高級ボトルをどんどん開けるんやけど、新人はまずドリンクからおねだりしてみて。

キャバ嬢

せっかくイベントだし、私もお客様とお酒飲みたいな~

と言って、ドリンクをおねだり!

お客様…というか日本人はイベントや期間限定っていう言葉に弱いから、いつもよりもさらにおねだりが成功しやすいよ。

ある程度ドリンクのおねだりが成功してきたタイミングなら、イベントを機に安いボトルを降ろしてもらうのに挑戦するのもおすすめやな。

自分の誕生日のタイミングも逃さずに!

キャバ嬢

わたし、今日誕生日なんですよ~!


と言えば、プレゼント代わりにドリンクやボトルをオーダーしてもらえる可能性がさらに高くなる!

お客様が少し酔ってきた時

酔ってるときは判断力や思考力がいつもよりも落ちてしまう、それはキャバクラでも同じこと。

やから、ある程度話が盛り上がって、お客様もお酒が入って気持ちよくなってるタイミングはドリンクのおねだりのタイミングとしておすすめ!

ドリンクなら千円程度やし、お客様もその場のノリや酔った勢いでOKしてくれるよ。

ある程度酔わせるには、どんどんお客様にお酒を勧めて、話を盛り上げることが必要になってくるからお客様との会話を盛り上げることは忘れずに!

おねだりは無邪気に可愛らしくが鉄則

おねだりのタイミングとしてはご覧の通り。

けど、おねだりのポイントはタイミングだけじゃなくて、その頼み方も重要やねん。

「ドリンク奢って~」「そろそろ私にも何か飲ませて」なんて偉そうにたかるとそりゃあお客様からの印象も下がる(笑)
ドリンクをおねだりする上で大事なのは無邪気に可愛らしく!

キャバ嬢

一緒に飲みたいな~!

キャバ嬢

お客様と乾杯したいな~!

と「ドリンクバックが欲しい」ではなく「お客様と一緒にお酒が飲みたい」ことをアピールすると、成功しやすいよ。

このとき、言葉だけじゃなくて上目遣いなどなど、言い方やおねだりの仕方も工夫してみて。

可愛く言うことでお客様も「しょうがないなあ」っておねだりに応じてくれることが多いねん。

そしておねだりが成功したら

キャバ嬢

ありがとうございます~♡

キャバ嬢

美味しい~♪♪

と多少大げさに喜んでアピール!

そうすることで「またこの子にドリンクを入れてあげよう」と思わせることが、キャバクラでのドリンクのおねだりのコツです!

あまりしつこくドリンクをねだるのは禁物

ただ、ドリンクをおねだりするのはしつこくするのはNG。

一度おねだりしてみて、渋ったり、ちょっとイラっとした様子なら、もう一回違うタイミングでおねだりしても断られて、二度と来てくれなくなる可能性大。

しつこくすると空気が悪くなるだけやから、最初に嫌そうな顔をしたらその日の接客ではおねだりはせず、とにかく会話で盛り上げること!

その会話や接客が成功すれば、次の指名に繋がったりまた来てもらえる可能性が高くなるねん。
そうすれば次の来店のときはおねだりに応じてくれるかも!

トップへ戻る