2018年5月29日火曜日

【講演会のお知らせ】6月18日18:30~千代田区区民ホール「世界から学ぶ、人生100年時代を幸せに生きる知恵」

6月18日(月)18:30から、千代田区の区民ホールで「世界から学ぶ、人生100年時代を『幸せ』に生きる知恵」という演題で講演いたします。平日の夜ではありますが、お近くの方はぜひ、お越しください!

拙著『エンパワーメント 働くミレニアル女子が身に付けたい力』でご紹介し、大きな反響をいただいている「人生における4つのWORK(仕事・活動)」のお話も交えながら、楽しい講演会にしたいと思っています!

お申し込み方法など詳しくはコチラをご覧ください




2018年5月25日金曜日

大学生が作った、セクシャル・コンセント・ハンドブックの報告会

昨年、有名大学でのレイプの事件が立て続けに報道されました。残念ながら、日本では思春期の子どもたちに対する性教育が不十分です。特に、自分の体や性のことは自分で決める、そして、相手の体と性のことも尊重するという「対等で尊重し合うパートナーシップ」や「性的同意」に関する教育は皆無と言っていいでしょう。リーダー層の男性たちによるセクシャルハラスメントに対する驚くほどの無理解も、その延長線上にあると考えられます。

そんな中、日本でも素晴らしい取り組みが!
大学生が中心となって、「セクシュアル・コンセントのハンドブック」が作成されたのです。その報告会が今週末の27日(日)に開催されます。詳しくはコチラhttp://chabujo.com/event/handbook-0527/

ここ数年で、全国各地で中高生に向けた「デートDV」に関する講座はかなり普及しました。ただ、「大人が作った教材」を使った、大人による研修というのは、若い子たちに響きにくい・・・。だからこそ、海外の性教育の取り組みでは、Peer Education(同世代による教育)の手法がよく使われます。自分たちより少し年上のお兄さんやお姉さんによるワークショップの方が、当事者意識を持って参加しやすいし、内容の理解も深まるのです。

このセクシャル・コンセントのハンドブックは、まさに、日本のPeer Educationの先駆けです。しかも、教材制作の経費はクラウドファンディング!自治体の皆様、大学生および中高生との関わりのある皆様、セクシャルハラスメントを含む性的暴力の根絶を願う皆様、是非、ご参加ください!!

2018年5月19日土曜日

追悼:岸井成格さん

月に1回、TBSのサンデーモーニングという番組に出演しています。
毎日新聞特別編集委員で、サンデーモーニングでもコメンテーターを務められていた、岸井成格さんが5月15日にお亡くなりになりました。心からご冥福をお祈りします。
岸井さんが最後にサンデーモーニングに出演されたのは、昨年12月3日。わたしもご一緒していました。
いつものようにニコニコしながら控え室に入ってこられたけど、少し、小さくなられたような気もしました。
でも、8時になり、オンエアが始まると、岸井さんご自身、そして、コメントから発散される熱量と気迫はいつもと同じでした。
テレビって、「数十秒」で何かを言わなければならなくて、そんな訓練を受けたことの無いわたしには、本当に難しい。言いたいことを全部言おうとすると拡散してしまうし、だからといって、単純化はできない。岸井さんは、その数十秒の使い方が本当に見事でした。言いたいことをギュッと絞り、リズムをつけて、力強く、わかりやすくコメントされていて、圧巻でした。お手元のメモは、びっしりと書き込みで埋まっています。「岸井さんでも、こんなに準備をされているのか・・」と思い、せめてそこだけは・・と見習ってきました。でも、そこから、どうやって引き算をしているのか。それとも割り算なのか、掛け算なのか。準備してきたことを、どう集約するのか。その匙加減が本当に難しいのです。後から知ったのは、岸井さんはいつも順番が最後だから、他の人のコメントとかぶらないように、常にいくつかの材料を用意されていたということです。だからあんなにメモがびっしりだったのか・・・。「風を読む」のコーナーでは特に、「最後は岸井さんがちゃんと締めてくださる!」という安心感・信頼感がありました。実際に、どんなに時間が押していても、番組の締めとなるようなコメントを時間ぴったりで力強く述べられる、それはまさに職人技でした。時に、岸井さんとは違う意見をコメントする時は勇気も要ったけど、もちろん、いつも温かく見守ってくださっていました。
サンデーモーニングの関口さんをはじめ、スタッフの皆さんも、出演者の皆さんも、大きな悲しみと喪失感を感じながら、でも、岸井さんの遺志を引き継ぐべく、より良い番組作りにさらに尽力されていくことと思います。わたしも、微力ながら、関わっていければと思っています。