2018年2月23日金曜日

【男女共同参画推進連携会議】第62回国連女性の地位委員会(CSW)等について聞く会の司会をしました

国の男女共同参画推進連携会議有識者議員としてのお務めで、「第62回国連女性の地位委員会(CSW)等について聞く会」の司会進行をしてきました。男女共同参画推進連携会議主催の「聞く会」は、国内外のジェンダー・女性に関する最新動向について、担当省庁を中心に、民間の有識者やNGOの方々にも情報提供をしていただく会です。最新動向について、担当者から直接話を聞けるだけではなく、配付資料も非常に充実しているので、貴重な情報収集の場です。
さて、今回は、3月12日から国連本部で開催される、今年のCSW(Commission on the Status of Women)の議題や日本の政府・NGOが主催するサイドイベントなどについての発表がありました。

今般、CSWの日本代表団の代表として、JICAで長年ジェンダー専門家として活躍されてきた、田中由美子さん(現・城西国際大学招聘教授)が就任されました!わたしがUNDPに入った時から、日本のカウンターパートであるJICAの由美子さんには、本当にいろいろと教えていただきました。90年代後半からUNDP/JICA共催でジェンダー主流化研修を東京、箱根、プノンペンなどで行ったり、2002年にはアフガニスタンの復興支援国際会議に先駆けて、JICAとUNDPで協力し、アフガニスタンから女性たちを招聘して、現状・ニーズについて聴く会も東京で開催しましたが、そのどれもが田中さんのご協力あっての取組でした。(アフガニスタンの会合は2002年3月に東京で開催したのですが、私はUNDPニューヨーク本部から出張。ちょうど妊娠8ヶ月で、大きなお腹でパタパタ走り回ると皆さんから「大崎さん、歩いて、歩いて!」と心配されたのも懐かしい思い出です。翌4月末に元気に生まれてきた娘も今春高校生になります!)

田中由美子さんのようにグローバルな枠組みについて、そしてその中で日本がどのような協力・取組を行ってきたかを精通している方が代表になられたことは、日本にとっても大きなプラスだと思います。次回の「聞く会」での報告が楽しみです。開催が決まりましたら、このHPでもご案内しますので、関心のある方は是非お越し下さい。

ちなみに、今年のCSWのインテーマは「農山漁村の女性とガールズのジェンダー平等とエンパワーメント」、レビュー・テーマは「メディア/ICT」です。また、外務省の方からの報告によると、「平和・安全保障・人道支援」分野において、日本政府がリーダーシップを発揮していくイニシアティブがCSW会期中に発表されるそうです。こちらも報告が楽しみです!

0 件のコメント:

コメントを投稿