2018年2月25日日曜日

【備忘録】チリのバチェレ大統領との朝食会に出席しました

日々こつこつやっていると、たま〜にご褒美のような出来事に恵まれ、また明日から頑張ろうと思うことがあります。先週の金曜日がまさにそんな日。チリのミシェル・バチェレ大統領とのWomen’s Leaders朝食会にお招きいただき、2012年にUN Women(UNウィメン)事務局長として来日された時の議員会館でのダイアログ以来、久々に間近でお話を伺うことができました!
 バチェレ大統領、一見、「肝っ玉かあちゃん」風(失礼!!)なのですが、壮絶な人生を歩まれてこられました。しかも、三児の母で、その経験を政治に存分に活かしてこられました。また、医療、政治、国際機関、NGO/市民社会組織と、多様な立場でのご経験。だからこそ、言葉の一つ一つに経験と専門性に裏打ちされた説得力と、壮絶な経験を乗り越えてきたからこその深みと温かみを感じるのです。
2012年に来日された時に印象に残ったのは、
○ (女性国会議員から)「女性国会議員を増やすには?」という質問に対して、クオータ制の有効性(というか、それが唯一の方策)をお話されたとき、冒頭で、「そーねー、日本が参考にできるのは、リビアやアフガニスタンの事例かしら・・」と。り、りびや、あふがにすたん・・・・!?。
○ (日本のM字カーブに関して)「働く女性の問題とかカルチャーの問題ではなくて、政策の失敗」と一刀両断。チリでは、ご自身の子育て経験も踏まえ、厚労大臣の時に予算を確保し、保育園整備に尽力されたと。
○ (「働く女性は子育てをおろそかにしてるのではないかと言われる」との声に)「はははは〜、神話ね。うちの三人の子たちも保育園に行っていたけど、そこで社会性やコミュニケーション能力を育み、学業もしっかりやって、今、立派な社会人よ。うちの子だけじゃなくて、そういう研究もちゃんとあるわ」。
今回、チリ大使館から招待状をいただいたときに、またお話を伺えることが本当に嬉しくて、ウキウキしていたのです。ということで、迎えた朝食会。今回はこの6年間やってきたことへの「reassuarance」をいただいたような、そして、今後の指針となるような言葉の数々に、静かにインスパイアされました・・。
内容はまた、講演や講義やセミナーで、特に若い人たちや、日々ジェンダー平等を目指して活動している方々と共有していこうと思います。
ちなみに、バチェレ大統領とは。
ピノチェト政権下でお父様は逮捕・拷問死、ご自身も医学部生のころに亡命・投獄・反政府活動を経験。その後、医師(小児科・外科)として活躍しつつ、また、三人の子どもを育てつつ、防衛も勉強。民政が復活すると政治家になり、厚生大臣、国防大臣を歴任し、初の女性大統領に。その後、UN Women(UNウィメン)の初代事務局長を務め、また大統領に。(←今ここ)来月の任期満了を前に来日されました。

0 件のコメント:

コメントを投稿