2018年2月13日火曜日

外資系企業様にて「ジェンダー」のお話

本日は某グローバル企業様のワークショップにて、「グローバル視点から見た、日本のジェンダー課題と女性たち」というお題でレクチャー。

①「ジェンダー」は、世界全体の共通問題
●世界は何を目指しているか?〜ジェンダー平等と女性のエンパワーメント〜
●日本の現状・課題・展望は?
②日本の女性たち
●「女子力」と「母」と「年齢」の呪い?
●そもそも「エンパワーメント」とは?
●変化・変革の兆しは?
といった構成でお話したところ、熱い質問が相次ぎ、時間は大幅超過。


終了後も個別にたくさんの質問・コメントをいただきました。午後のディスカッションも盛り上がったことでしょう・・

2018年2月7日水曜日

安全保障とジェンダーの委員会に出席

今日は外務省にて、国連安保理決議第1325号「女性、平和、安全保障」等の履行に関する行動計画の実施評価委員会に出席しました。「平和・安全保障とジェンダー」は、今、国際社会で最も重要視されているアジェンダの一つです。(外務省のHPをご参照ください
委員会では、この分野での日本の取組みを網羅的に見て、優良事例を選び、評価しています。昨年の評価報告書はコチラのリンクからご覧いただけます。なかなか一般の方々やメディアに注目してもらえないのですが、日本は、UN WomenやUNDPなどの国際機関を通じた支援(主に財政的・人的貢献)や、日本のJICAやNGOによる支援など、それはそれはたくさんの支援をしています。
地域もシリア、ナイジェリア、コンゴ民主共和国、パキスタン、フィリピン、アフガニスタンとワールドワイド。イスラム過激派組織ボコハラムに拉致されながら、逃げてきたサバイバーの少女たちの回復支援もあれば、シリアから逃れている難民の女性たちの健康・経済的エンパワーメント支援、アフガニスタンの女性警察官の育成や、司法セクター改革(性暴力をはじめ、女性たちのニーズに合った司法制度・人材の構築・育成等)など、ありとあらゆる国と地域、領域で、日本は支援を行っています。

もっと、注目していただけると良いなぁと思います。そうすれば、紛争から女性・少女はどのような影響を受けるのか、平和・安全保障をジェンダー主流化するとはどういうことか、なぜ、今、この問題が国際社会の主要アジェンダになっているのか、そして日本がそこにどう関わっているのかがよくわかると思います。是非、昨年の報告書をご一読ください。
今、委員会で鋭意作成中の報告書は、春に発表されると思いますので、その際には何らかの形で報告会などができると良いなと思います。

2018年2月6日火曜日

【登壇】今年の国際女性デーは、なでしこジャパンの前監督 佐々木則夫さんと対談します

厳しい寒さが続きますが、暦の上では立春。
日中の日差しは少しずつ明るくなり、春の兆しも少しずつ感じるようになりました。
3月8日の国際女性デー(International Women's Day)も近づいてきます。
今年は、理事を務めている公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンの国際女性デーイベントにて、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)の前監督 佐々木則夫氏をお迎えし、「今、男性ができること。女性の可能性は無限大」というテーマのトーク・セッションに登壇いたします。

日時:3月8日(木)19:00~20:30
会場:オープン・コラボレーション・スペース「LODGE」(Yahoo株式会社内)
   東京ガーデンテラス紀尾井町
定員:80名
申し込み〆切:3月4日(定員になり次第締め切り)
詳細・お申し込みはコチラから。


昨年、大ヒットした映画『ドリーム』。1960年代のアメリカNASAで、ロケット打ち上げという国家プロジェクトを成功に導いたのは、黒人の女性数学者やエンジニアでした。その彼女たちが「女性」「黒人」という二重の差別を乗り越え、大きなプロジェクトで能力を発揮できたのは、ケビン・コスナー演じるハリソン本部長が自らの権限・力を行使して、「壁」を取り払ったからでした。

今の日本でも、国会・地方議会・取締役会・管理職など、意思決定に関わるポジションに就いているのは男性です。男性のリーダー・意思決定者が自らの権限を使って、多くの女性たちが能力を伸ばし、発揮する機会や環境を創ってくれることが、日本の女性活躍推進の鍵になると思います。

今年の国際女性デーでは、なでしこジャパンの選手の力を引き出し、ワールドカップ優勝に導いた佐々木則夫さんから、「男性ができること」について色々な角度からお話をうかがう予定です。

男性の皆さま、女の子をお持ちのお父様がた、是非、お越しください!