2017年3月18日土曜日

【登壇のお知らせ】ILO(国際労働機関)主催「女性と仕事のより良い未来に向けて」(3月22日)

ILO(国際労働機関)100周年の記念イニシアティブのテーマの一つが「ジェンダー平等」。米国の世論調査会社ギャロップ社の協力を得て、世界140カ国で「働く女性とディーセントワーク」をテーマとした調査を実施したそうです。今般、調査結果をベースとした国際比較や政策提言が国際女性デーを記念して世界各地で発表されます。
日本では3月22日に東京で発表イベント(セミナー:女性と仕事のより良い未来に向けて)があります。私はパネル・ディスカッション『女性と仕事のよりよい未来に向けて』のモデレーターを務めさせていただきます。今、話題の『武器としての人口減社会』(光文社新書)の著者でOECD東京センター長の村上由美子さんも登壇されます。
調査結果の発表も楽しみですし、パネル・ディスカッションでは女性の人権とジェンダー平等という価値に根ざした、本質的な議論ができるよう準備するつもりです。
是非、お越し下さい!

2017年3月6日月曜日

【登壇のお知らせ】JICA主催国際女性デーイベント:中南米地域及びドミニカ共和国の女性の経済的エンパワーメント


3月7日はJICA主催の国際女性デーイベント「女性の経済的エンパワーメント:中南米地域及びドミニカ共和国における展望と課題」に登壇します!中米統合機構という地域機構の加盟国の政府関係者の方々がいらっしゃいます。もしかしたら、まだ、参加登録いただけるかも!?14時スタートです。
ニューヨークで今年も始まった国連女性の地位委員会(CSW)のテーマは「女性の経済的エンパワーメント」です。技術革新による働き方の変革や起業の可能性の拡大が一つの大きな論点・文脈になっています。それから、「賃金格差の解消」「雇用・労働環境における男女平等・女性の人権の推進」がもう一つの主要論点。明日もその文脈で公共政策のあり方・多国間協調や支援のあり方をお話しようと思います。

2017年2月19日日曜日

【登壇のお知らせ】「復興から地域で支えあうしくみづくりへ〜『広がれ、子ども食堂の輪』全国ツアーin岩手」

来る3月11日(土)は、岩手県盛岡市で「共生社会の実現をめざすシンポジウム 〜復興から地域で支えあうしくみづくりへ〜『広がれ、子ども食堂の輪』全国ツアーin岩手」にて、報告者・パネリストとして登壇します。

首都圏及び関西の子ども食堂の視察、それから、インクルいわてが行っている子ども食堂事業の評価・分析の報告と、「子どもの貧困の削減」「ひとり親家庭のエンパワーメント」に繋がるような子ども食堂事業のあり方とは?という提言を行う予定です。

これまでの視察・聞取り・分析作業で、「子ども食堂が果たしうる役割」が、実は非常に多面的であることがわかりました。また、東日本大震災の復興と共に始まった「インクルいわて」がこれまで行ったきた取り組みが、いかに「ビルドバックベター」(災害前よりも、より民主的で公正な社会を創ろうという考え方。第3回国連防災世界会議in仙台で採択された仙台行動枠組みの土台となっている)を体現しているかも非常に興味深いところです。

私にとって、岩手県盛岡市は第二のふるさと・子ども時代の最良の思い出(詳しくはコチラ)のある場所。そして、この5年半、被災地のNPO・団体・志のある皆様の「ビルドバックベター」プロセスを陰ながら応援してきた者としては、このタイミングで好事例の一つを報告できることに感謝の気持ちで一杯です。

基調講演者は、前厚生労働事務次官の村木厚子さん、パネル・ディスカッションのコーディネーターは湯浅誠さん。お近くの方は是非、お越し下さい!