2016年12月6日火曜日

【ご案内】国際女性会議WAW!(WAW!2016)にご参加ください!

来る12月13日・14日に日本国政府主催の国際女性会議WAW!が開催されます。

昨年に続き、今年も国内アドバイザーを拝命し、官邸での国内アドバイザーズ会合で意見を述べさせていただきました。

また、13日に開催される2つのスペシャル・セッションの両方の企画・運営に携わっています。
① ユース・テーブル「若者が作りたいジェンダー平等社会とは 〜現状と課題〜」(プラン・インターナショナル・ジャパン企画・運営)11:15~12:45
論点は、
○ 持続可能な開発目標SDG5ジェンダー平等と女性・ガールズのエンパワーメントのために取り組んでいる活動にはどのようなものがあるか?課題は何か?
○ 若者が考えるジェンダー平等社会とはどのようなものなのか。また、若者が考えるジェンダー平等社会を実現するために、若者はどんな役割を担えるか。どう意思決定に参画し、ジェンダー平等に貢献できるか。
→ 登壇する若者が代表している組織は、プラン・インターナショナル・ジャパンのユースグループ、G8&G20 Youth Summits Japanmanmaちゃぶ台返し女子メンバー/「いやよいやよは嫌なんです:性犯罪に関する刑法改正キャンペーンBONDプロジェクト、など。6名中、男性2名。


② 地方と女性「地方からのイノベーション:女性が『真に』輝く社会とは?」(Gender Action Platform企画・運営)14:45~16:15
論点は、
○ 地方・農村部において、女性のエンパワーメント/女性の活躍を阻んでいる要因・障壁は何か。
○ 開発、紛争、災害といった外的要因や人口移動・超少子高齢化といった人口動態の急激な変化がきっかけとなって、女性の経済的・社会的・政治的エンパワーメントを進めた、もしくは進めている地域の女性たちの経験と取組み事例にはどのようなものがあるか
○ 地域社会の規範・社会構造を変革し、女性が「真に」輝く地域社会を創るために必要な要素・条件・効果的な方策は何か。
→登壇者が代表する組織は、

○ 特定非営利活動法人ウィメンズ・アイ(WE) (宮城県:復興における女性参画の推進・地域のリーダー育成)
○ 一般社団法人営業部女子課の会
○ 医療法人社団清心会春日クリニック(熊本県:性差医療)
○ 株式会社トラストバンク(ふるさと納税)
○ 札幌市男女共同参画センター(北海道:若い女性たちへのアウトリーチ)
○ ベアフット・カレッジ(インド)

「真に」というところがポイントです。ボトムラインに切り込みます。
私は司会をしますが、モデレーターはGender Action Platform代表で、上智大学名誉教授の目黒依子先生です。


皆様、是非、お越しください!

お申込みは→ 外務省特設ページ https://reg.convention.co.jp/waw2016/