2015年1月31日土曜日

2月8日は港区でお話しします

第18回円卓会議「女性政策の本気度を知るには?!」

に登壇いたします。

2006年に発足した第一次安部内閣の時には「女性活躍」という政策課題は全く前面に出てこなかったのに、2012年12月に第二次安部政権が発足すると直ぐに「女性活躍」「女性が輝く社会」を優先政策課題に位置づけられました。それはなぜ?国内外で具体的にどんな「公約」を掲げている?その公約を実現するための「方策」として打ち出しているのはどんな「政策」?ホントに女性が輝けるようになるの?そもそも女性が輝くってどういう意味?
といったコトについてお話する予定です。

政府・政治リーダーの「公約」とその背景にある「動機」を知り、打ち出している「政策」「計画」をしっかりと読み解き、「現状・実態」とのギャップを洗い出して、「ニーズ」として声をあげること。政府・政治リーダーが出してきたものを精査し、ギャップやニーズがあればしっかりと当事者が声を上げる、という一連のプロセスが民主主義システム。面倒くさいですが、そのプロセスに私たち一人一人が関与しなければ民主主義は機能しないし、アサッテな政策による不都合を甘受するという悪循環に陥ってしまいます。

少人数の講演会なので、質疑応答やディスカッションの時間もたっぷり取っていただけるそうです。是非、いらしてください。

詳しくは、コチラ

0 件のコメント:

コメントを投稿