2014年10月15日水曜日

院内集会「『女性活躍』と『地方創生』~処方箋は盛岡にあり~』(10月24日)を開催します!

Oxfam Japanの震災復興支援のジェンダーアドバイザーとして東北に通い始めてから3年以上経ちました。Oxfam Japanは常に、人道援助の国際基準と、国際社会(国連・NGO・政府等)が培ってきた女性支援・復興支援の人権ベースの価値観・手法を踏まえた形で、支援を計画し、実施してきました。

支援プログラムの一環として、「復興プロセスを女性たちの経済的エンパワーメントの機会にする」ことを目的とした事業を地元の団体への支援を通じて実行しました。その中でも2つの事業の成果の報告会「『女性活躍』と『地方創生』~処方箋は盛岡にあり~」を10月24日(金)14:00~16:30に衆議院第二議員会館で開催します。
岩手県初の民間のひとり親支援団体「インクルいわて」によるシングルマザーの就労支援事業。長年、地元に根を張って活動してきた「もりおか女性センター」による女性の起業支援。どちらもピンポイントで「就労」「起業」を捉えるのではなく、女性たちの人生や日々の生活におけるエンパワーメント(自己決定能力)や家庭内での位置付け・ケアワークなど女性を取り巻く環境を念頭においた、包括的かつ中長期的な支援を展開しました。その手法・成功要因は、今、盛んに議論されている「女性活躍」のための政策パッケージやそれに続くであろう事業のモデルにもなりうると思います。
女性の就労支援・起業支援に関わっていらっしゃる行政機関の皆さま、企業の皆さま、NPOの皆さま、是非、ご参加ください。メディアの方々も大歓迎です。

本事業の関連記事:
ひとり親就業事業 包括的な支援の構築を (8月25日、岩手日報論説)
震災と女性の就労 (大崎麻子、3月7日、NHK 視点論点)

0 件のコメント:

コメントを投稿