2014年10月15日水曜日

院内集会「『女性活躍』と『地方創生』~処方箋は盛岡にあり~』(10月24日)を開催します!

Oxfam Japanの震災復興支援のジェンダーアドバイザーとして東北に通い始めてから3年以上経ちました。Oxfam Japanは常に、人道援助の国際基準と、国際社会(国連・NGO・政府等)が培ってきた女性支援・復興支援の人権ベースの価値観・手法を踏まえた形で、支援を計画し、実施してきました。

支援プログラムの一環として、「復興プロセスを女性たちの経済的エンパワーメントの機会にする」ことを目的とした事業を地元の団体への支援を通じて実行しました。その中でも2つの事業の成果の報告会「『女性活躍』と『地方創生』~処方箋は盛岡にあり~」を10月24日(金)14:00~16:30に衆議院第二議員会館で開催します。
岩手県初の民間のひとり親支援団体「インクルいわて」によるシングルマザーの就労支援事業。長年、地元に根を張って活動してきた「もりおか女性センター」による女性の起業支援。どちらもピンポイントで「就労」「起業」を捉えるのではなく、女性たちの人生や日々の生活におけるエンパワーメント(自己決定能力)や家庭内での位置付け・ケアワークなど女性を取り巻く環境を念頭においた、包括的かつ中長期的な支援を展開しました。その手法・成功要因は、今、盛んに議論されている「女性活躍」のための政策パッケージやそれに続くであろう事業のモデルにもなりうると思います。
女性の就労支援・起業支援に関わっていらっしゃる行政機関の皆さま、企業の皆さま、NPOの皆さま、是非、ご参加ください。メディアの方々も大歓迎です。

本事業の関連記事:
ひとり親就業事業 包括的な支援の構築を (8月25日、岩手日報論説)
震災と女性の就労 (大崎麻子、3月7日、NHK 視点論点)

2014年10月8日水曜日

ここしばらく、震災のあとに起業した東北の女性たちにインタビューをしています。安部総理が国連総会で「女性のエンパワーメントは日本の主導理念の一つになった」と力強く述べられましたが、国際協力の分野でも、日本は「女性のエンパワーメント」を前面に打ち出しています。特に、災害とジェンダーに関しては、国連女性の地位委員会(Comission on the Status of Women)に「ジェンダーと災害」という決議を提案し、前回一致で採択されるなどリーダーシップを取っています。(先日、UNDP東京事務所、Oxfam Japan、Gender Action Platformで共催した勉強会の簡単なレポートはコチラ

5月に北京で開催されたAPEC女性と経済フォーラムで、「災害復興における女性の経済的エンパワーメント」について東北の事例を発表させていただきましたが、さらにその経験を教訓化し、災害が増加しているアジア太平洋地域の国々、そして、来年3月に仙台で開催される第3回国連防災世界会議という場を通じて世界各国にお伝えしていくというプロジェクトに関わっており、その一環でいろいろな女性たちにインタビューをして歩いております。

10月6日、台風情報とにらめっこしながらお邪魔したのは、亘理町のWatalis
あちこちのご家庭に眠っている着物の生地、素敵な柄や長寿や健康や子どもの幸せを願う意味合いのある柄がとても魅力的なのですが、それらを今の時代の小物や装飾品に生き返らせる、それをしっかりと地元のビジネスとして根付かせようとしているのが引地恵さんが高校時代のお友達の橋元さん、妹さんの協力を得て起業したWATALISです。



これまでのインタビューで見えてきたのは、起業の背景に、小さい頃からのそれぞれのライフステージでの経験、一見関係の無いような仕事や家庭内・地域でのワーク、人間関係の積み重ねがあるタイミングで起業という形で花開く・・・というライフ・ストーリーです。引地さんのお話にも本当に引き込まれてしまいました。町の職員として民俗資料館での展示企画・取材を進める中、引地さんがある農家のおばあちゃんにインタビューした時、かつてこの地域に根付いていた生活の技術や知恵、そしてその根っこにあるある意味普遍的な女性の生き方が時間軸を超えて繋がる感覚があったそうです。



WATALISさんのプロダクト、本当にデザイン性が高くて素敵なものばかり。県内の数ある伝統工芸の老舗の中でも頭角を表し(!)、「東北発!百貨店推奨ブランド』では、仙台三越のイチオシブランドに選ばれました!!


台風が近づく中、朝10時からお邪魔したのですが、明るくて居心地の良いオフィスで引地さんや橋元さんや若手スタッフの武者さん(そう、しっかりと地元の女性の雇用を生み出しているのです!)のお話をうかがっているうちにあっという間に時間が過ぎてしまい、最後バタバタとショッピング。もっとゆっくり見たかったです。

本当に素敵な心のこもった、そして洗練されたプロダクトばかりなので、これからクリスマスや年末年始のギフトに皆様、いかがでしょうか?バースデープレゼントにもぴったりですよ。



私は自分用にいちごのストラップと名刺入れ、娘のお土産にヘアピンを買いました。とても気に入ったみたいで、早速、学校にしていったようです!

2014年10月4日土曜日

10月11日は、国際ガールズデー(International Day of the Girl Child)です!

10月11日は、国連が制定した国際ガールズデー(International Day of the Girl Child)Because I am a Girl キャンペーンを世界中で展開してきた国際NGOプランが、数年かけて国連と各国政府に働きかけた結果、2011年12月の国連総会でInternational Day of the Girl Childの制定を呼び掛ける決議が採択されました。今年で3回目を迎えます。

「世界の女の子の現状に目を向け、国連女性差別撤廃条約や子どもの権利条約などの国際規約が掲げる通りに、女の子の人権を尊重し、女の子があらゆる意思決定過程に主体的に参加できるよう世界的な機運を高めていこう、というのがガールズデーの趣旨です。

2つの記念イベントに登壇しますので、世界の女の子の現状に関心がある方は是非、いらしてください!

【10月11日】第3回国際ガールズデー・記念イベント「13歳で結婚、14歳で出産、恋は、まだ知らない」
今年は、「女の子たちの早すぎる結婚(児童婚)」をテーマに、10月10日・11日の2日にわたり、映画の上映やトークセッションを開催します。私は11日午後のトーク・セッションに登壇します。昨年、ネパールのプラン・ジャパンによるプロジェクト現場を訪問したときに会った男の子・女の子も来日してくれるので、楽しみです。

プログラム・お申込みはコチラ

場所: 青山学院大学
主催: 公益財団法人 プラン・ジャパン
後援: 国連広報センター、国連人口基金東京事務所、外務省、内閣府男女共同参画局(フォーラム)、渋谷区、渋谷区教育委員会、ほか


【10月18日】国際ガールズデー・国連デー記念イベント
国連広報センターが、中央大学(国連アカデミック・インパクト参加大学)、市民社会のネットワーク「Beyond MDGs Japan」と協力して、世界の貧困、ミレニアム開発目標を考える3回のセミナー・シリーズを開催します。NHKが世界の放送局と連携して放送した「Why Poverty?」というドキュメンタリー作品を上映し、そのあとにパネル・ディスカッションを行う予定。
私は第一回目の10月18日に登壇します!「ソーラ―・ママ」というドキュメンタリー作品を上映、そのあとにディスカッションをします。モデレーターを務められるのは、コロンビア大学大学院でご一緒した、国連広報センター所長の根本かをるさんです。
女性のエンパワーメントと実はきってもきれない関係にあるのが「エネルギー」の問題。このドキュメンタリーは、イエメン北部の砂漠地帯に住む、読み書きのできなかった女性たちが教育を受け、技術を身につけ、次第にエンパワーされていく様子を描いています。きっと私たち一人一人が共感できるストーリーだと思います!

プログラム・お申込みはコチラ 場所は中央大学後楽園キャンパスです。