2013年8月31日土曜日

【登壇のお知らせ】ESD(持続可能な開発のための教育)のワークショップ&国際バカロレア(IB)に関するあれこれ

 「ESD(持続可能な開発のための教育)の10年・世界の祭典推進フォーラム」主催の個別テーマワークショップ、「貧困撲滅と社会的公正のための教育: ジェンダー平等と社会的公正」にて、パネリスト&分科会ファシリテーターを務めます。

 世界経済フォーラムのGlobal Gender Gap Reportのジェンダー平等進展度ランキングで、日本は135カ国中101位。UNDPが毎年発表する人間開発報告書の最新版Human Development Report 2013でも、ジェンダー平等&女性のエンパワーメントに関しては日本は先進国で最下位だそうです。

 このワークショップの全体ファシリテーターは、廣野良吉先生(成蹊大学名誉教授)。UNDPの大大大先輩です。。。打ち合わせでお会いしたときに、「グローバル、グローバルと言うけれど、物事を『歴史的な文脈』を踏まえて捉える力、『普遍的な視点』で捉える力、そして、なにより『倫理観』(ethical perspective)が必要だ」という話になりました。「道徳」ではなく、「倫理」。息子が2年間、のたうちまわった国際バカロレア(IB)・ディプロマコースは、まさにその3つをベースとしたカリキュラムになっていました。

 グローバル教育拡充の一環として、「日本でも国際バカロレア課程を・・・!」という掛け声がかかっていますが、たとえ枠組みをつくっても、深い教養を兼ね備えた優れた指導者がいなければ、IBは成り立ちません。先生がダメだと、そのツケはディプロマ試験を受ける学生たちにまわってきます。論文や長時間の筆記試験に耐えうる知識・論理的思考力・文章力を身につけさせるのは並大抵の仕事ではないだろうと、息子の2年間を見てきて痛感しています。

 国際バカロレアの導入・普及には大賛成ですが、「指導者の養成をどうするか」が大きな課題。また、日本の昨今の公共の言論空間・政治空間には、IBのスピリットとは対極的な動きが加速しているような気もします。

 話がそれましたが、日本が抱える問題を普遍的・グローバルな視点から検証してみることはこれから益々重要になっていくと思います。こうしたシンポジウムやワークショップに是非、足を運んでいただければと思います。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿